お尻黒ずみやブツブツニキビ跡、できものに吹き出物の原因を効果的に解消するケア方法!

座るたびに痛い・・・。視線が気になって、温泉や海・プールにいけない・・・。よく洗ったり顔用の黒ずみケア商品を使ってみたりするけどぜんぜん消えないどころか、もっとひどくなってる!?どうしたらいいかわからないと、そのままになっていませんか?自分にあったおしりスキンケアを賢く選んで美容習慣にとりいれるなら、まずは正しい知識が必要です!

  • パンティラインに沿って赤いぶつぶつや黒ずみがある
  • 生理前におしりにニキビや吹き出物ができやすい
  • 座ると痛い
  • 洗顔用フォームを使用しておしりを洗っている
  • おしりがぶつぶつ・ザラザラのサメ肌である
  • 恥ずかしくて皮膚科にいけない
  • 何度もおしり専用商品を試したことがある
  • 内モモまでニキビ、吹き出物が飛び火している
  • ニキビはなくなっても黒ずみだけ残っている
  • 彼氏や友人におしりが汚いといわれたことがある
  • もう3年以上はおしりで悩んでいる
おしりケアランキング

大満足できるお尻の黒ずみケア商品発表!

過酸化脂質とは

過酸化脂質とは一体何なのでしょうか。私たちが普段何気なく食べている食べ物の多くは、油を使って炒められたり、揚げられたり、和えられたりしています。油を控えるようによく言われていますが、あまり摂りすぎないのもお肌の潤いを不足させる要因となるため、一日に必要な油分はしっかりと摂らなくてはいけません。

ただ、油は時間の経過とともに酸化してしまいます。これは揚げ物や炒め物にも同じことが言えます。油を使って調理をしているため、長時間空気に触れたりすると、におい自体に変化が出てきます。おいしさを奪うのはもちろん、体にもあまり良くありません。過酸化脂質とは、言葉を知らないだけで身の回りにあふれているものでもあるのです。

揚げ物や炒め物はできるだけ早く食べる、そして過酸化脂質ができやすいと言われている魚の干物は、新鮮なものを手に取るようにすることが大切です。また、干物などを翌日以降にも分けて食べたいというのであれば、真空にした状態で冷凍庫で保存するようにしましょう。スナック菓子なども油を多く使っていますので、食べきれないものについては空気に触れないようにすることが大切です。

過酸化脂質とは何かお分かりいただけたかと思いますが、一度や二度使っただけで揚げ物油を捨てるのは、環境にもよくありません。揚げ物をしてみて、においや味がいつもと違うなと感じるまでは問題ありませんので、心配することはないでしょう。ちなみに、揚げ物などを食べる際は、抗酸化物質でもある大根やレモン、ニンジンやピーマンといった緑黄色野菜を一緒に摂ると体に吸収されやすくなって、体内での過酸化脂質を軽減できると言われています。